短期留学 in マルタ

《失敗談》初めての留学先マルタでの学校生活

真夏の海辺と人々

こんにちは!iamshishoe です!

私は2018年の夏季休暇中に、マルタ島で1週間の短期留学に挑戦しました。あまりにも突然なきっかけから挑戦することに決めたこのマルタへの留学ですが、私の中では、2019年春からのアイルランドでのワーホリに向けた準備としての体験留学と考えていました。ですが、実際の現地での学校生活はというと…自分の準備不足や初めての留学ということもあって、終始パニックになって気が付けば帰国の日を迎えていました

iamshishoe

ちなみに私の当時の英語力は入門レベル。渡航前の事前テストではほとんどの回答が不正解という壊滅的な結果でした。…にも関わらず準備不足って今でも引きます。

失敗だらけで終了してしまった理由

そもそも初めての留学を振り返った時に、私がなぜ”失敗だらけだった”と感じたかと言うと、日本では当たり前に出来ていたことが全くできなくなってしまい、自分が恥ずかしかったしショックだったからです。

  • 分からなかったらもう一度確認をすること
  • 理解していないのに曖昧な返事で流さないこと

をはじめとして、日本に居るときには当たり前にできていたことが、現地では突然できなくなってしまい、自分でも何が何だか分からなくなっていました。

初めての語学学校生活

雰囲気が独特?夏休みシーズンの語学学校

私が渡航したのが夏季休暇の時期ということもあり、生徒数が普段よりもかなり多くいました。そのため、学校側はクラスの数を増やし、より細かいレベル分けをして対応しているようでした。滞在期間は、バカンスも兼ねて滞在している人の2~4週間が一番多く、私のように超短期滞在滞の人や2~3ヶ月間滞在している人は少なかったです。15歳~20代の高校生や大学生、その他20代後半~50代まで様々な年齢層の生徒がいました。学生だけではなく社会人の方も大勢いたり、孫や子供など家族と一緒に語学留学をしている人も見かけました。

iamshishoe

良く見かけたのはイタリア、ドイツ、ハンガリー出身などのヨーロッパ出身の人です!

登校初日にしたこと

まずは、それぞれのクラスの特徴の説明を含めたオリエンテーションに参加しました。その後に、学校内や学生寮などの施設案内を複数の先生が行ってくれました。最終的には学校の中庭やカフェテリアのあたりに生徒と先生が全員集合し、英語のレベルは関係なく一緒にゲームをしながら自己紹介をして過ごしました。その後は解散となり、私は翌朝の授業に備えて寮の自室に戻りましたが、午後の授業をとっていた生徒たちはさっそく教室に向かって授業を受け始めていました

私が取っていたクラスとクラスメイト

私は、

  • 初めての留学であること
  • ベストシーズンであるマルタの夏を観光しながら満喫したかったこと
  • 留学費用をおさえたかったこと
  • 体験としての短期留学であること

を考慮して、8:00~12:00までの午前授業のみの申し込みをしました。午前の授業は、15分程度の休憩を1度挟んだ2コマで構成されており、担当の先生は2コマとも同じでした。クラスメイトは、ハンガリー人、チェコ人、ドイツ人、日本人(私以外に2~3人の大学生や専門学生)の10~11人でした。クラスメイトの日本人以外の生徒は、20代後半~30代前半の社会人でした。

iamshishoe

私のクラスメイトは、午前の授業だけでなく、14:00までの午後の授業に参加している人が多かったです

授業は教科書に沿って進められており、通学期間によっては購入する必要がありましたが、私の場合は1週間の短期留学だったので、学校から一時購入をして使用しました。

一時購入とは、学校到着時に60€で教科書を購入し、最終日に汚染や破損なく返却すれば50€が返金されるというものです。

語学学校の授業が本当にしんどかった話

初めての留学の授業を通しての感想は、全く授業についていけないまま留学が終わってしまったということです。

具体的には、

  • 先生が話していることを聞き取れず、理解が出来なかった
  • 宿題の範囲の理解が出来ずに一人だけ違うページの問題を解いて答え合わせに挑む…
  • リーディングでも、周囲の生徒よりも大幅に時間がかかって恥ずかしかった
  • スピーキングでは単語を口にするのがやっとで文章が作れなかった
  • 英語が話せる話せないは関係なく積極的に発言や質問をするヨーロッパの生徒たちの勢いにただただ呑まれた

という状況が常に発生し、焦りや不安からイライラしてしまい平常心を保とうと必死になっていたほどでした。完全に自信を失くし、クラスメイトに挨拶をするのもビクビクし、早く授業が終わらないかな、ここにはいたくない、もう出席しなくてもいいかな?などと、逃げ出したい気持ちで一杯になり、留学しに来た目的を完全に見失ってしまいました。

iamshishoe

日本でもっと真剣に勉強しておけば良かった…と辛すぎて半泣きになりながら過ごしていました。

授業中の苦い出来事…

とても悲しかった経験として、私と授業でペアを組んでいたスロバキア出身の女子生徒が、私とはコミュニケーションがとりにくいことを理由に、先生にペア変更を申し出ていたことが未だに思い出されます…。英語が通じる通じないというよりは、私が自分のできなさに対してイライラしている様子や、絶望的な気持ちを抱いていることを感じ取って、プレッシャーに感じたのかなと思いました。その上、分からないことをそのままにして、曖昧な形で返答していたのも彼女にとってはやりにくかったのかなと反省しました。

自分も頑張ろうと思えた日本人のクラスメイトの存在

そんな悲惨な学校生活の中、3日目の授業終了時にある光景を目にしました。クラスメイトの日本人の子が、私と同じくらいのしどろもどろな英語で、担任の先生に「今日は宿題をやってこなくてごめんなさい。どこをやったらいいのか分かりませんでした。どこをやればいいのか教えてもらえますか?」と一生懸命確認していたのです。涙目になって、その子の声が震えていたのを覚えています。

iamshishoe

その時、勇気を出して質問していて偉いな…と感心したと同時に、私も自分が理解出来るまで聞けばいいんだ!とハッとしました。

それをきっかけに、私は英語が話せないし…と決めつけて諦めるのではなく、自分なりに何とかして伝えてみよう、紙に書いてでも伝えてみよう!と思うようになりました。

たった1週間の留学でも充実させるべき

その日から、毎回授業後に、宿題の範囲を直接先生に聞きに行きました。先生が衝撃を受けるくらいトンチンカンな質問をしたり、聞き取れたと思っていた内容が間違っていたり、ださくて恥ずかしいし、悔しい気持ちにもなりましたが、自分なりに必死に分からないことは必ず確認すると言う事を貫きました。確認に行くと先生は優しく教えてくれましたが、何でも授業時間内に聞くのよ!もう授業後だからね!と指摘されました。そうです、授業後という時間は先生にとっては休憩時間や時間外。”ここは日本ではない…!何事も先生たちの仕事中に聞かなければ!”と思い出しました。

iamshishoe

とはいえ、授業中には皆の前で間違った英語を話したら嫌だな…と思い、勇気が出せず、結局質問をすることはできませんでした

その他には、授業中にペアの子と話すときは、それまでのように曖昧な反応をしてただ時間が経つのを待つのではなく、伝わらない部分は単語だけでも紙に書いて相手に伝えたりと、自分が相手に言おうとしている事を少しでも分かってもらうために自分なりに工夫をしました。すると、ペアの子が授業の前後に話しかけてくれたり、私が聞き取れないで困っている事を紙に書いて伝えようとしてくれたり、一日を通しても少しずつ変化が生まれました。あんなに嫌だった授業も、僅かながら充実感を感じるようになったのです。この経験を経て、自分次第でいくらでも状況を改善することができるということを実感しました。

失敗した友達作り

登校初日の夜に参加した校内のウェルカムパーティーで、ドイツ人の女の子が話しかけてきました。ニコッと笑顔でハキハキと話してくれて、かつ、私の話も聞こうとしてくれるとても感じの良い子でした。彼女は中級クラスで授業を受けており、私との英語のレベルの差は歴然、周囲の生徒とも活発に話をしていました。

英語力を気にしすぎて友達作りのチャンスを逃す

その翌日、その女の子が、朝食はカフェテリアで食べてるんだけど、良かったら一緒にどう?と誘ってくれました。ですが、自分の英語へのあまりの自信の無さからすぐに返事が出来ず、曖昧な反応でその場を終えてしまいました。それ上、朝食をカフェテリアで食べるには毎日7€払うのかあ…と思い勝手に悩んでしまいました。しかしその後、これは滅多にないチャンスかもしれない…投資と浪費を考えた時に、これは紛れもなく自分への投資になるから行くべき!!と思い、私もカフェテリアで毎日朝食を摂ることにしました。…ですが、時遅しだったのか、その子を見かけて話す機会があっても、なんとなくぎこちなく、話しにくそうにしているのが伝わってきました。彼女とは校内で遭遇したり、希望したスクールアクティビティが同じだったり、関わる機会はその後もありましたが、ウェルカムパーティーの時のようなフレンドリーさは感じられなくなっていました。

iamshishoe

留学が終わって振り返ると、どうして自分に自信が無い事を理由にして逃げ腰だったんだろうと悔やみました。自分が気にしている英語力の低さをを相手が気にしているとは限らないし大きな問題ではないと思ったからです。

失敗だらけだったからこそ気づいたこと

”初めてのことはうまくいかない”という視点で、小さなことに一喜一憂せず、失敗を恐れずに勇気を出して行動すること。英語力を人と関わる際の壁にしないこと。

私は、今となってはあらゆることにおいて上記の気持ちを持って前向きに取り組むことができます。それは、そう思う事で私自身の気持ちにゆとりが生まれて物事を客観視できたり、何よりも過剰な期待や不安を抱かずにチャレンジできるからです。その上、上手くいかなくなった時には、現状打開のためにどうやったら上手くいくかや状況が良くなるかについてすぐに考えることもできます。だからこそ、この留学で沢山失敗をして良かったです!

iamshishiooe

今の自分からすると、マルタと言えば、そんな思い出の詰まった、ほろ苦く、でも大好きな場所です。

是非、参考にしてくださいね!

https://iam-shishoe.com/oppotunity-study-abroad-workingholiday-when-why-mother/

飛行機の窓から見下ろした街並みと海
《悲報》失敗しない留学プランで失敗して終了したマルタ留学初めての短期留学先だったマルタ島!現地で困らないように考えた留学プランでしたが、失敗して終了してしまいました。そんな失敗だらけの留学生活の中でもインターンシップ生の方との出会いや自分の価値観に気が付くなど学びは豊富!やはり、何事も挑戦あるのみ!...

一軒家と一台の車
《体験談》アイルランドワーホリ中のホームステイは〇〇だった留学中の定番の滞在方法といえばホームステイ!ホストファミリーとの出会いや日常会話でのやりとりなど期待が膨らみました。ですが、その実際は自分の想像とはかけ離れていて、ショックを受けました。洗濯・掃除・食事…などホームステイのリアルな実情はこちらです!...

飛行機の窓から見下ろした風景
《初体験》エミレーツ航空の機内食は〇〇だった!エミレーツの機内食って本当に美味しいの?まずいの?ドリンクは?映画は?アルコールは?水は?エコノミークラスではこうでした!一度でいいから乗ってみたい!気になる!方必見です!!...

また次の記事でお会いしましょう!

Thanks a million ☆彡

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村