★自己紹介とブログの理念★

こんにちは!Shishoeです。私は、アラサーの元看護師で留学・ワーホリやニキビケアに関するブログを書いています。

箇条書きプロフィール
  • 地方出身で3姉妹の末っ子
  • 不登校⇒高校中退⇒2回目の高校入学⇒4大卒業
  • 看護師・保健師免許を取得後、看護師として5年間勤務
  • 2018年の夏季休暇中にマルタ島へ人生初の短期留学
  • 2019年5月からアイルランドの首都ダブリンで人生初のワーホリをし本帰国(コロナにより滞在延長)
  • アイルランドではケアアシスタントとして働き月間最優秀賞受賞
  • 本帰国後にIELTS academic オーバーロール6.5取得
  • 本帰国後に独学でChambridge FCE合格

現在の私は、周囲の目を気にせず、自分がやりたいことをやり、自分が関わりたい人と関わり、自分の次なる目標であるニュージーランドで看護師として働くことを達成するために勉強と仕事を両立する充実した日々を送っています。何よりも自分らしくいることをモットーに楽な気持ちで過ごしています。

ですが、ワーホリに行く前の私は、自分に自信がなく、常に他人の目を気にして、他人の意見に左右され辛い日々を過ごしていました自分軸ではなく他人軸を生きていたがために苦しかったのだと思います。

ところが、留学・ワーホリ中の様々な経験によって、以前の自分を思い出せないほど価値観が変わってしまいました。”あんなにも悩んでいた自分”にサヨナラできたのです。そしてそんな日々の中で、素人レベルだった英語力は、現地でケアアシスタントとして働き、ベストケアラーを受賞できるほどまで上達しました。私は、このブログを通して、

  • 他人の目を気にして自分らしく生きられずに悩んでいる人
  • 自分に自信を持って自分を軸にした考え方で生きたいと思っている人

を応援できるような考え方を発信していきます。

まず初めに、私がどのような人間で、どのような経歴があるのかについてお話します。ブログを読んでいただく上でそれらを知って頂いた方が、主に

  • 海外生活への挑戦
  • ニキビ・ニキビ跡への積極的なケア・治療

の内容をより理解して頂けるのではないかと思うからです。

不登校になり退学した暗黒な高校時代

学校に行かなくなった理由は単純だった

高校入学後、思うように友達が出来ず、クラスにも馴染めずにいました。周りの子と”うまくやろう”と思えば思うほど、周囲の反応を伺うことを繰り返し不安が募るばかりでした。次第に学校に行くことが嫌になり、入学後たったの20日で退学してしまいました。仲良くしていた友達とも疎遠になり、昼夜逆転した日々を過ごす毎日でした。結局のところは再度高校受験をし、大学進学を果たしました。

iamshishoe

自己嫌悪に陥り、自信を失くし、体重の増減が一番激しかったのもこの頃でした。

突然の留学・ワーホリに行ったきっかけ

生きづらかった20代

もともと興味・関心があったというよりは、”世間からの需要があり他の人から認められる仕事”に就きたかったことから、看護師になりました。若い頃に経験をたくさん積みたい!と志して大病院に入職しましたが、現実は超がつくほどハードで、毎日が怒涛のように過ぎていきました。その上、いつの間にか身についてしまった”他人から自分がどう見られるかを気にして周囲の意見や行動に同調すること”から脱せず、”自分らしさを持とうとしないまま”あっという間に時間が過ぎてしまいました。まるで、肉体的・精神的な悲鳴を無視して体を酷使しているようでした。

iamshishoe

休暇を取っては現実逃避をするかのように海外旅行をし、異なる文化にや壮大な自然に触れる事に魅了されていき、次第に海外での生活に憧れを抱き始めました。

突然の退職

母の勧めもあり、心機一転、留学センターに行きました。実際に留学プランについてカウンセラーさんより説明を受けている最中に、”英語を使って挑戦したい!!海外で生活をしてみたい!!”という海外留学挑戦への熱い気持ちが沸き上がり、結果的には、留学センターに滞在した数十分で、数か月後の夏季休暇でマルタ島に体験留学する事をその場で決めてしまいました。その上、その時に既に自分の頭の中には、退職→マルタ短期留学→アイルランドでワーホリの流れが出来上がっていたのです。

iamshishoe

自分らしく生きる道を探せるかもしれない”と、もの凄いエネルギーが自分の内側から湧き上がってくるのが分かりました。

”行って良かった”の一言に尽きるワーホリ生活

アイルランドでのワーホリ生活によって私のもともとの価値観は崩壊しました。それには、現地で出会った人が一番大きく影響していると思います。そして何よりも、周囲の人の目を気にせずに、失敗を恐れずに挑戦し続けたことが”自分らしく生きること”へ繋がりました。振り返れば”こうやって人生はいくらでも好転していくんだ”と実感していた日々でもありました。

アイリッシュマザーとの出会い

渡航して数か月ほどたった頃、現地でのボランティア活動を通して、まさにアイリッシュマザーと呼べる人に出会いました。彼女は長年ケアラーとして働いていました。彼女が精力的にかつ継続的にサポートをしてくれたことで、生活のために就いていた仕事のハウスキーパーから彼女と同じ会社に所属するケアアシスタントへ転職できました。それだけでなく、彼女を通してアイルランドの文化についても知識を深めることができました。仕事・家族・時間・お金に対する考え方、ケアアシスタントとしての患者さんへの接し方から何から何まで、彼女を通して教わりました。

”自分らしさ”=自分軸を生きること

私は現地でたくさん失敗しました。”こんなんじゃもう生きていけない…”と自信を喪失し、凹み、泣き、自分の無能さを痛感した出来事もたくさんありました。アイリッシュマザーにも些細な事から大きなことまでたくさん相談をして、時には迷惑をかけました。ですが、彼女は私のサポートをし続けけ、”私たちはいつも失敗から学んでいるのよ。次は気を付けるのよ”と教えてくれました。いくつかの彼女とのやり取りを通して”失敗することが間違っている事ではないし見捨てられることでもないんだ”と身をもって学びました。

よく、彼女には、”どうしてそう思うの?あなたはどうしたいと考えてるの?”とポジティブな話題でもネガティブな話題でも質問されました。例え私の返答が一般的な意見とは違っても、”あなたはそう思うのね”と尊重してくれました。そのやりとりを繰り返す中で、”こうじゃなきゃいけない”と自分自身を無理やり型にはめようとする考え方を次第に持たなくなりました。”私らしい考え方”で他人とは異なる行動や言動をしても、誰も私を責めないし自分から離れていくこともない、むしろ尊重し合える関係が作れるということを初めて経験しました。

iamshishoe

気が付けば、”周囲の目ばかりを気にしていた自分”を克服し、自分の思う事・やりたい事・やりたくない事を口に出せる=自分らしさに自信を持てる、全く新しい自分になっていました。

肌の悩みを克服して自分に自信をもつこと

ENVIRON・ZOSKIN・レーザー治療との出会い

私は何年もの長い間、繰り返すニキビやしつこいニキビ跡に悩まされていました。きちんと肌の状態と向き合わずに行っていた自己流のスキンケアによって状態は悪化し、ワーホリより本帰国後には、ニキビだらけの顔・真っ赤に肌荒れした顔・赤黒くなったニキビ跡に”ニキビは病気”という言葉を実感するほど衝撃を受けました

iamshishoe

まるで別人のような肌は、自分の自信を奪っていきました。誰かと面と向かって話すことも嫌になってしまったほどです。

そこで、始めたのが、ENVIRON・ZOSKINでのスキンケアとレーザー治療です。使用を開始してからは、日々ワクワクがとまりません。未だにしつこくできるニキビや目立つニキビ跡もありますが、肌が綺麗になっていく度に心が軽くなり、以前に増して自分に自信を持てるようになっています。

海外で生活をすることに挑戦したい理由

今後は、もともと興味のあったニュージーランドで看護師として働きたいと考えています。アイルランドでの訪問ケアアシスタントとして働いていた時に出会った忘れられない患者さんとのやりとりを思い出し、”海外でも看護師免許を取得して、これまでの自分の経験を活かして働きたい!”と思ったからです。

iamshishoe

アイルランドでの看護師資格は持っていなかったので、知識・経験はあるのに看護師ではなくケアラーという立場でしか患者さんと関われない事に、もどかしさを感じていました。

それだけでなく、アイルランドでのワーホリ中に大変でもがきながら過ごした日々や、出会った現地の人々とのやり取りを通して実感した”自分自身の成長”や”自分らしくより豊かな時間を過ごすこと”をもう一度経験したい!との強い気持ちから、日本ではなく、海外で働いて生活したいと考えています。

iamshishoe

現地の人と英語を使って一緒に過ごす時間や、彼らを通してその国の文化に触れる事同じ職場の外国人の同僚と話す時間が本当に楽しかった!またそれと同じことをしたいというのが正直な気持ちです。

さいごに

私が留学・ワーホリ・ニキビ治療を経験して思ったことは、”人生はいくらでも良く変えていける”ということと”他人軸ではなく自分軸を生きることがいかに大切か”ということです。そして失敗を恐れずに思うままに挑戦すること。このような考え方を持つことによって私の人生はたったの1年足らずで大きく好転し、自分らしく過ごせるようにもなりました。

自分が経験したからこそ、

  • 人生をもっと良くするための経験を積みたいと考えている人
  • 自分の悩みを克服して自分に自信を持ちたい人

の背中を押せるような考え方を経験を元に発信していきます。

好きな言葉

Ever tried.Ever failed.No matter.Try again.Fail again.Fail better. -Samuel Beckett,Irish novelist

iamshishoe

以上が私の”自分らしく過ごせるようになるまで”のストーリーです。それでは、詳細はそれぞれの記事をぜひご覧ください!