ワーホリ in アイルランド

アイルランドワーホリから帰国した理由と葛藤

公園の中の大きな木

こんにちは!iamshihoeです。

私は2019年5月から2020年7月までアイルランドの首都ダブリンで人生初のワーホリ生活を送っていました。初めての海外での仕事・生活・コロナ禍…など様々な点において自分なりに試行錯誤し、日本への本帰国を選んだわけですが、帰国後は日本での生活に辛さを感じることが何度もありました

日本への帰国を決めた3つの理由

その①:コロナ禍での海外生活に自分の英語力で耐えられるのか不安だった

当時の私は、看護師の経歴を活かして、訪問担当のケアアシスタントとして現地で働いていました。シェアハウスにも継続して住んでおり、仕事・住居に関して現地で生活していくのに必要最低限の条件は揃っている状況でした。しかし、新型コロナウイルスの蔓延に伴い、ロックダウンをはじめとして様々な特別措置が取られ、それらを毎回英語で理解しなければならず、英語力が十分でなかった私には大きな不安要素でもありました。それに多くの欧米人やアジア人は”二度と家族に会えなくなる前に帰ることにした”と母国への帰国を選択しており、日本とゆう遥か遠くからたった一人で渡航してきた自分が滞在を続けることにも、”私も帰国したほうが良いのでは?”と不安が募りました。

iamshishoe

これは予測ですが、当時の英語力はIELTSで6.0~6.5相当だったと思われます。

結果的に、ロックダウン中の生活や、英語力が十分ではないのに現地に滞在し続けていることも含めて”正しい事をしているのかどうか”という疑問が自分の中にこみ上げ、コロナ禍の先が見えない生活にも苦痛を感じるようになりました。その上、状況次第で突然にビザの自動更新も止められると思うとハラハラした上、そういった情報も自分自身で英語で理解をしなきゃいけない事への疲労感もありました。

その②:金銭的な不安があった

訪問ケアアシスタントとしての賃金は、€10.5/時間で週払いでした。ただし、訪問数によって収入が変わってしまい、給与額はその週によって変動します。相手は生身の人間なので、急な入院や死亡、家族の意向などで突然訪問がキャンセルになることも少なくありませんでした。ちなみに給与に関しては、多い週で€500ほど稼げるときもあれば、少ない週で€150程度の時もありました。大体月額にすると、€800~€2000とかなり不安定です。自分の収入の予測が立てられない事にも少なからずストレスを感じていました。毎月まとまった収入が必ず見込める仕事を日本でしていた私には、その不安定さが現地での生活を続けることにおいて大きな心配の種になりました。

当時の私の生活費用は、

  • 家賃(水道・電気など込み):€600/月
  • 携帯料金(ネット接続無制限):€20/月
  • 仕事での交通費(公共バス):€110/月

最低でもこれらの額が必要でした。そこに食費もかかるので、自炊をしたとしても生活がきついと感じる月もありました。

iamshishoe

日本に帰ったら、ひとまずはお金の心配をせずに暮らせるのに…!との思いも強くありました。

その③:別の国で年齢的に最後のワーホリをしたいとの気持ち

アイルランドでのワーホリが終了した後は、他の国でワーホリをしたいという目標がもともとありました。当時の自分の年齢は、ワーホリ挑戦が最後になるであろう30歳目前、なんとしても達成したい焦りがありました。アイルランドでは、フレンドリーで面倒見の良いアイリッシュに沢山出会い、私は彼らのことが大好きで、素直に頼れることにも喜びを感じていました。しかし、”このままビザの自動更新や現地の人々に甘えてアイルランドにいたら、他の国でのワーホリに挑戦をして自分を成長させるチャンスを逃すかもしれない”と思えば思う程、日本に帰国をして次なる目標に向けて準備をしたい気持ちにかられました。日本に帰ればすぐに仕事を初めて、ある一定額の資金調達は見込めると思ったことや、一度自分の将来を考えて仕切り直すには良いタイミングかもしれないと思いました。

日本への帰国を”早まった!”と思った4つの理由

本帰国をしてからのしばらくの間は、

  • 治安の良さ
  • 食べ物の美味しさ
  • コンビニや公共交通機関の充実など、どこにいっても利便性の優れた施設があること

などの日本独自の文化に感動し、”こんなに凄い国なんだ”と驚いていました。ですが、時間の経過とともに”息が詰まって生きにくい”と感じるようになりました。

その①:英語を学びやすい環境ではない

日本に帰ってきてから痛感しましたが、日本で生活をしながら英語力を伸ばすのは至難の業です。当然ですが、アイルランドにいた時には何をするにも英語でのやり取りが必要で、その全てが私にとってはレッスンでした。しかし、日本で暮らすとなると、日本語を使って働き、日本語を使って日常生活を送ります。私の住んでいる地域では、外国人はあまり見かけず、英語を話す外国人を探すとなると英会話教室に通うなど新たに高額な投資が必要になりました。英語力が足りないと感じて悔しいと思いながら帰国し、英語力を絶対向上させたいと思っていた私には、”英語に触れられる機会があまりにも少ない日常”が”自分がやりたいと思っている事ができないストレス”を生み出すようになりました。

結果的には、”どんどん英語力を低下させて何をしているんだろう?あのままアイルランドにいれば毎日が実践的で身につく英語学習ができたのに”という気持ちが大きくなり、日本に帰ってきたのは間違いだったかもしれない…と思うようにもなりました。

その②:長引くコロナの影響で今後のプランが立てられない

2021年前半には英語圏の国へ渡航し最後のワーホリに挑戦するつもりでいましたが、パンデミックの影響により夢は叶わず終わってしまいました。代替案としての具体的な渡航プランも立てられないまま、ワーホリの上限年齢である31歳を迎えてしまったのです。自分の中でも、”何を目標に過ごしていくのが良いのか”と今後の自分の人生について悩むようになりました。海外で自立した生活をしていきたいと思っているのに渡航プランが立てられず、日本での生活にも徐々に慣れ始めていた自分にも”こんなはずじゃないのに!”と苛立つようになりました。

iamshishoe

こんなふうに目標を持てないまま日本に居ることになるのなら、アイルランドにいたほうが自分にとっては良かったし、幸せだったと何度も思いました

もともと私は、何かを思い立ったら実行することが好きであり得意なタイプで、頭脳派ではなく行動派です。アイルランドではとにかく何事も行動に移すことで新しい人との出会いが合ったり、仕事が見つかったりと良い結果を手にしてきました。今回の本帰国も、希望をもって日本に帰国したはずが、自分が考えたことや思ったことをすぐに行動に移せず、足止めを食らってしまうことの多さが目立ち、”日本に帰国するんじゃなかった”と思ったこともありました。

iamshishoe

何よりも、アイルランドにいたころに感じていたような刺激的で生産的な時間が日本では送れないことに対する寂しさや物足りなさを強く感じていました。

その③:他人の目を気にして自分軸で生きられない

アイルランドにいるときには、思っている事や考えている事は自ら口にしなければ、相手とコミュニケーションがとれませんでした。お互いのことを理解するために必要な手段だからです。ですが、日本に本帰国して驚いたのは、多くの人が思いを口にしないこと。常日頃から周囲の反応を気にして遠慮しあっており、周りの空気を読んだり、相手の気持ちを悟って立ち振る舞える人が多いことにはカルチャーショックを受けました。しかし、これは、アイルランドでの経験があったからこそ気づいたことで、自分が日本で生活している時には気が付かず、おそらく自分もそうであるべきだと思ってきた風潮だと実感しました。

iamshishoe

正直、はっきり口に出して言ってくれないと分からないのに…と本気で困惑したことも帰国後には何度もありました。

私にとっては、そうゆう文化に習うこと自体が、自分自身に不要な緊張感を与え、自分らしくのびのび暮らせないなと思う要因の一つとなりました。結論として、せっかくワーホリ生活を経て自分自身の価値観が変化し”他人の目を気にせずに自分軸で生きられるようになった”のに、同調圧力や周囲の反応を常に気にしなければならない環境で生活することで、ワーホリ前の自分に戻ってしまいそうと不安を覚えるようになりました。

その④:見えないプレッシャーを感じてしまう

アイルランドにいるとき、私は沢山の失敗を経験しました。その中で印象に残っているのは、アイリッシュマザーからよく言われた、”いい?私たちは失敗から学んでいるのよ。次は気をつけなさいね”との言葉です。日本での経験上、”失敗すると責められる、呆れられる”と委縮してしまうことが多かった自分にとっては新しい考え方で、”え?!見捨てないんですか?!”と驚きました。そのため、アイルランドでは失敗を恐れることなく行動し、思いもよらぬところで成功したりと、初めてのことを経験しながら生活をすることができ、それは私自身を精神的に大きく成長させ、自己肯定感・効力感ともに高めてくれました。ところが、日本で生活を始めてからは、”失敗はしてはいけない”のような、見えないプレッシャーを様々な場面で感じることがありましたまずはやってみることに重点を置くことが難しいし生活しにくいなぁと個人的に思いました

さいごに

多くの人が人生をかけてトライすると言っても過言ではない、ワーホリなどの海外挑戦。私の場合、思うように自分を表現できることで、居心地の良い時間をアイルランドでは過ごすことが出来ました。日本を離れて、自ら動いて行動範囲を広げていくことが、自分自身の新たな発見に繋がり、自分をもっと好きになったきっかけでもありました。今振り返れば、”現地でそのまま生活をしていても、いくらでもなるようになったのに”と思うこともありますが、当時の自分は日本への本帰国がベストな選択だと信じて帰国をしました。

日本での生活を再開して、帰国なんてしなければよかったと思う程辛く感じることも多くありました。ですが、見方を変えれば、アイルランドでの生活があったからこそ気づいた日本での生きにくさであること。その上、ワーホリ生活を経て”自分自身の価値観の強烈な変化”を経験していなかったら、おそらく気が付かなかったことでしょう。自分自身が外の世界を知って新しい考え方をもって成長できたからこそ生じている葛藤かな、と客観的に思えたりもします。

Thanks a mill☆彡

家と道路
《体験談》アイルランドのワーホリで仕事ができた理由アイルランドのワーホリでどうやって働く?経験者?ボランティア活動?大変?採用面接?日本から必要な書類は?看護師経験は活かせる?仕事はすぐに見つかる?私が現地でケアアシスタントで働いた経験を元に記事にしました!...

自宅の庭
《超本音》人生初のハウスシェアは○○だったシェアハウスってどんな感じ?ハウスメイトと仲良くなれる?楽しい?メリット・デメリットは?トラブルは?ハウスルールは?家賃は?日本人にも合うの?ダブリンで経験した私の本音ブログです!...

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村