長期留学 in アイルランド

アイルランドから帰国したことを後悔した3つの理由

公園の中の大きな木

こんにちは!iamshihoeです。

私は2019年5月から2020年7月までアイルランドの首都ダブリンで人生初のワーホリ生活を送っていました。現在は、本帰国をして約1.5年が経とうとしています。

通常、ワーホリ期間は1年間ですが、パンデミックの救済処置によりビザが自動延長され、結果的にはアイルランドへの長期滞在が可能となっている状況が当時はありました。その中でも、自分なりに試行錯誤し、日本への本帰国を選んだわけですが…。帰国してからは帰国したことを何度も後悔しました。今となっては考えてもどうしようもない話だと理解はできますが、なかなか気持ちに折り合いをつけられず辛い時期も過ごしました。

iamshishoe

その前に、私がなぜ日本への帰国を選んだかはこちらの記事をチェック!主に3つの理由がありました。

公園の中の道
アイルランドから日本に本帰国した3つの理由アイルランドワーホリから日本への帰国を決めた理由は?コロナ?アジア人差別?仕事?家?家族?後悔はしてる?私の経験をお話します!...

今回の記事では、日本に帰ってくるんじゃなかったと何故何度も思ったのか、日本への本帰国は間違っていたと私が思った理由をお話します。

日本への本帰国を後悔した3つの理由

本帰国をしてからのしばらくの間は、

  • 治安の良さ
  • 食べ物の美味しさ
  • コンビニや公共交通機関の充実など、どこにいっても利便性の優れた施設があること

などの日本独自の文化に感動し、”こんなに凄い国なんだ”と驚いていました。ですが、2週間、1か月と時間が経つとともに”息が詰まって生きにくい”と感じるようになりました。

理由①:英語を学びやすい環境ではない

日本に帰ってきてから痛感しましたが、日本で生活をしながら英語力を伸ばすのは至難の業です。

当然ですが、アイルランドにいた時には何をするにも英語でのやり取りが必要で、その全てが私にとってはレッスンでした。しかし、日本で暮らすとなると、日本語を使って働き、日本語を使って日常生活を送ります。私の住んでいる地域では、外国人はあまり見かけず、英語を話す外国人を探すとなると英会話教室に通うなど新たに高額な投資が必要となりました。そもそも、受験勉強用の英語勉強が根付いていると言われる日本では、本屋に行ったとしても実践的な英会話力を習得する教材すら見つけることが大変だと感じました。

英語力が足りないと感じて悔しいと思いながら帰国し、英語力を絶対向上させたいと思っていた私には、”英語に触れられる機会があまりにも少ない日常”が”自分がやりたいと思っている事ができないストレス”を生み出すようになりました。

iamshishoe

私の場合、仕事が看護師なのでより一層、英語を話すこととはかけ離れた生活を送っていました。

結果的には、”どんどん英語力を低下させて何をしているんだろう?あのままアイルランドにいれば毎日が実践的で身につく英語学習ができたのに”という気持ちが大きくなり、日本に帰ってきたのは間違いだったかもしれない…と思うようにもなりました。

理由②:長引くコロナの影響で今後のプランが立てられない

2021年前半にはニュージーランドへ渡航をして最後のワーホリに挑戦するつもりでいましたが、パンデミックの影響により国境閉鎖で夢は叶わず終わってしまいました。代替案としての具体的な渡航プランも立てられないまま、ワーホリの上限年齢である31歳を迎えてしまったのです。実は、”ワーホリはもう無理かな?”と思い始めたころ、ビザのサポートセンターの方からは”オーストラリアに学生ビザで渡航して、大学に通って現地で看護師として働くのはどうか?”と提案をしていただいていました。しかし、オーストラリアの国境も一向に開かず、2021年は渡航ができないまま日本で働いて過ごすことになりました。

自分の中でも、”何を目標に過ごしていくのが良いのか”と今後の自分の人生について悩むようになりました。海外で自立した生活をしていきたいと思っているのに渡航プランが立てられず、日本での生活にも徐々に慣れ始めていた自分にも”こんなはずじゃないのに!”と苛立つようになりました。

iamshishoe

こんなふうに目標を持てないまま日本に居ることになるのなら、アイルランドにいたほうが自分にとっては良かったし、幸せだったと何度も思いました

もともと私は、何かを思い立ったら実行することが好きであり得意なタイプで、頭脳派ではなく行動派です。アイルランドではとにかく何事も行動に移すことでアイリッシュとの出会いが合ったり、仕事が見つかったりと良い結果を手にしてきました。今回の本帰国も、希望をもって日本に帰国したはずが、自分が考えたことや思ったことをすぐに行動に移せず、足止めを食らってしまう時間の多さが目立ち、”日本に帰国なんかするんじゃなかった”と思うようになりました。

iamshishoe

何よりも、アイルランドにいたころに感じていたような刺激的で生産的な時間が日本では送れないことに対する寂しさや物足りなさを強く感じていました。

理由③:日本独自の文化が好きになれない

いつでも相手の気持ちを悟らなければいけない文化

アイルランドにいるときには、思っている事や考えている事は自ら口にしなければ、相手とコミュニケーションがとれませんでした。お互いのことを理解するために必要な手段として、”黙って微笑み返して終わる”なんてことは誰もしませんでした。

日本に本帰国して驚いたのは、多くの人が思いを口にしないこと。常日頃から周囲の反応を気にして遠慮しあっており、”周りの空気を読んだり、相手の気持ちを悟れる人は良く出来た人”という評価までついていたことにはカルチャーショックを受けました。しかし、これは、アイルランドでの経験があったからこそ気づいたことで、自分が日本で生活している時には気が付かず、おそらく自分もそうであろうと思ってきたスタイルだと実感しました。

iamshishoe

正直、はっきり口に出して言ってくれないと分からないのに…と本気で困惑したことも帰国後には何度もありました。

私にとっては、そうゆう文化に習うこと自体が、自分自身に不要な緊張感を与え、自分らしくのびのび暮らせないなと思う要因の一つとなりました。結論として、せっかくワーホリ生活を経て自分自身の価値観が変化し”他人の目を気にせずに自分軸で生きられるようになった”のに、同調圧力や周囲の反応を常に気にしなければならない環境で生活することで、ワーホリ前の自分に戻ってしまいそうと不安を覚えるようになりました。

本音を言わずに機嫌を取り合うことが多い文化

これは特に看護師として臨床復帰してから感じたことですが、内心では真逆の事を思っていても、いざ本人を目の前にするとおだてたり機嫌を取り始めたりする人が多いという事です。実際に、職場の大勢の人たちが、ある看護師の事を良く思っておらず陰口をたたいているのに、その看護師の前では突然親しくし話しかけ、機嫌を取るような発言を繰り返していたのを目の当たりにして、”この人達、なにしてるの?”と衝撃を受けた出来事がありました。

iamshishoe

こうゆう嘘くさい人間関係が嫌!と内心思いました。

本音と建て前という言葉がありますが、必要以上に機嫌を取ったり媚びを売るのはいかにも日本人らしいと思ってしまいました。私個人的には、そうゆう希薄な間柄には深入りしたくないし、”嫌なら嫌でいいのに”と思うと、無駄なやりとりに思えて仕方がなく、生きにくさを感じました

”失敗は許されない”見えないプレッシャー

アイルランドにいるとき、私は沢山の失敗を経験しました。その中で印象に残っているのは、アイリッシュマザーからよく言われた、”いい?私たちは失敗から学んでいるのよ。次は気をつけなさいね”との言葉です。日本での経験上、”失敗すると責められる、呆れられる”と委縮してしまうことが多かった自分には、真新しい考え方で”え?!見捨てないんですか?!”と驚きました。そのため、アイルランドでは失敗を恐れることなく行動し、思いもよらぬところで成功したりと、初めてのことを経験しながら生活をすることができ、それは私自身を精神的に大きく成長させ、自己肯定感・効力感ともに高めてくれました

ところが、日本にいると、”失敗をする=能力がないこと”とみなす価値観による、見えないプレッシャーを様々な場面で感じます。私が働いている職場では勿論、例えば過去に通った学習塾でも似たような経験をした覚えがあります。”まずはやってみることに重点を置く”ことが難しい国だし住み続けたくないなと痛感しました。

iamshishoe

挑戦することが好きになった自分も、次第に挑戦することを怖がるようになっていることに気づき、窮屈な日々に感じるようになりました。

結論

日本に帰ってきたことを後悔した理由は、

  • 英語学習がしにくいこと
  • パンデミックという特有の状況かも影響し、次なるプランが立てられないまま時間だけが過ぎてしまったこと
  • 日本の文化上、一般的な人間関係構築方法が自分には全く合わないことや”まずはやってみること”への懐疑心と失敗できないプレッシャー

が、せっかくアイルランドで習得した”自分らしさ=自分軸で生きる事”を脅かし、日本では自分が生きていきたいと思える場所がないと感じたからです。

iamshishoe

アイルランドから帰国して気付いたのは、’‘日本以外に自分軸で生きられる場所が必ずある”ということでした。

さいごに

多くの人が人生をかけてトライすると言っても過言ではない、ワーホリなどの海外挑戦。私の場合、思うように自分を表現できることで、居心地の良い時間をアイルランドでは過ごすことが出来ました。日本を離れて、自ら動いて行動範囲を広げていくことが、自分自身の新たな発見に繋がり、自分をもっと好きになったきっかけでもありました。

現在日本で生活をしていて、帰国なんてしなければよかったと思う程辛く感じることも多くあります。ですが、見方を変えれば、アイルランドでの生活があったからこそ気づいた日本での生きにくさであること。その上、ワーホリ生活を経て”自分自身の価値観の強烈な変化”を経験していなかったら、おそらく気が付かなかったでしょう。自分自身が外の世界を知って新しい考え方をもって成長できたからこそ生じている葛藤かな、と客観的に思えたりもします。

今後は、海外で自立した生活を送りたいです!それに向かって、自分が何をしたいのか、”目的や目標”を考えながら今日も前向きに過ごします!

iamshishoe

新たな場所で新たな生活が待っていると信じて!頑張ります。

Thanks a mill☆彡

家と道路
《体験談》アイルランドのワーホリで仕事ができた理由アイルランドのワーホリでどうやって働く?経験者?ボランティア活動?大変?採用面接?日本から必要な書類は?看護師経験は活かせる?仕事はすぐに見つかる?私が現地でケアアシスタントで働いた経験を元に記事にしました!...

海と砂浜
超突然な留学・ワーホリへのきっかけによって退職までした話ワーホリのきっかけは?理由は?英語のため?いつ決めた?悩んだ?決め手はなに?仕事は休職?退職?私の場合は、突然決めてしまいました!体験談と決意する時におススメな行動はこちらです!...

自宅の庭
《超本音》人生初のハウスシェアは○○だったシェアハウスってどんな感じ?ハウスメイトと仲良くなれる?楽しい?メリット・デメリットは?トラブルは?ハウスルールは?家賃は?日本人にも合うの?ダブリンで経験した私の本音ブログです!...

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村