アイルランドでの暮らし

《徹底解説》ホームステイは実際のところ〇〇だった

一軒家と一台の車

こんにちは!Shishoe です!

私は、2019年5月~2020年7月までアイルランドの首都ダブリンでワーホリ生活を送っていました。現地に到着してから12週間語学学校に通い、学校を申し込む際には、同時にホームステイを申し込みました。

ホームステイをした正直な感想は、思っていたよりも良いわけでも悪いわけでもなく、”こんなもんかぁ”です。

ホームステイと聞くと、

  • ホストファミリーとの生活はどんな感じなんだろう?
  • ホストファミリーは優しいのかな?親切なのかな?
  • ホームステイ先の家は綺麗かな?広いのかな?

等、気になることは増えるばかりだと思います。私も渡航前には、テレビドラマで見るような海外の家庭を想像したり、ホストファミリーとのやりとりを漠然とイメージしたり、緊張や不安を感じつつも、ワクワクしました。

結果的に私の場合は、12週間申し込んだホームステイですが、結果的には6週間で終了し、その後はハウスシェアを始めました。

今回はホームステイを通して体験したことについてお話します。

定番の滞在方法と言えばホームステイ

まず、私が選んだ学校は、現地での滞在方法として

  • ホームステイ
  • 学生寮
  • 自分で家を探してハウスシェアまたはルームシェア

の三択が滞在方法としてありました。私は、

  • 初めてのワーホリ生活で突然の家探しは私にとっては相当ハードルが高い
  • 費用を抑えたい(学生寮の滞在費用が高額だった)
  • 安全面や生活面でのサポートを得たい
  • ホームステイを通して日常英会話を学びたい

との理由から、ホームステイを選択しました。

iamshishoe

私は12週間のホームステイの申し込みをしましたが、途中で引っ越しなどを理由にキャンセルした場合は、残りの週数分が返金可能だったのも安心材料でした。

私のホストファミリー

私のホストファミリーは、

  • 学生を受け入れて25年以上の超ベテラン
  • ホストファザーとホストマザー、ダブリンの高校に留学中のイタリア人の17歳の女の子と一戸建ての家で暮らしていた
  • ホストファザーはソーシャルワーカーをしていて、ホストマザーは専業主婦
  • ホストファザーは仕事と両立して大学院にも通っており、毎日忙しく過ごしていた

でした。

初日にホストファミリー全員に挨拶できることを楽しみにしていたのですが、ホストマザーが旅行に出かけていて不在だったため、ホストファザーとホームメイトに自己紹介をしました。 ホストファミリー宅には、飛行機の遅延で夜遅くに到着したにも関わらず、ホストファザーが温かく歓迎してくれて嬉しかったことを覚えています。

彼等には2人の社会人の息子がいて別々に暮らしていましたが、毎週末には下の息子さんが帰ってきて賑やかに過ごしていました。

iamshishoe

週末の帰省はどの家にとっても共通事項のようでした。

ホストマザーには、ホームステイを始めて3日後に初めて会い、そこで自己紹介をしました。ホストマザーからも歓迎はされましたが、あなたはもう自立した大人なんだし社会人なんだから、日常生活において何も報告はいらないし、好きにやってと言われ、驚いてしまったのが正直な気持ちでした。

週末や祝日は、ホストファザーもホストマザーも予定があったため、一緒にどこかに出かけるなどして過ごしたことはありません。お互い干渉し合うのではなく自立した関係で過ごしましょうというのが、基本的方針でした。

ホストファミリー宅の内側

家自体は比較的新しく、綺麗な環境で生活することが出来ました。

一階にはキッチン、リビング、テレビルームがありました。

リビングルームの中の黄色いソファ
キッチンとリビングルーム
窓側に置かれたテレビと部屋の中心にある電気暖炉

二階には夫妻の寝室、バスルーム(シャワー、トイレ、洗面)、私の部屋とイタリア人の子の部屋がありました。

ベッドと机

私の部屋には、セミダブルベッド、机、ゴミ箱、本棚、収納棚が設置してあり、広さは8畳程度でした。

実感した食文化の違い

私は朝・夕食付きのプラン(土日祝込み)にしました。

ホームステイ中の朝食

朝食は、

  • プレーン味のシリアル
  • 食パンとマーマレード+マーガリン
  • 牛乳
  • 紅茶またはコーヒー
  • バナナやりんご等の果物

から好きなものを好きなだけ食べて良く、全て自分で準備する方式でした。

6週間滞在しましたが、毎日メニューは同じで、食パンやシリアルがないこともあり、今朝は果物だけかなあ…という日もありました。ホストマザーは朝は基本的に起きて来なかったので、出勤前のホストファザーと少しだけ会話をしながら朝食を摂りました。

ホームステイ中の夕食

夕食の内容は様々でしたが、メニューのパターンはかなり少ない上、ワンプレートでの食事で野菜もほとんど無く

  • ジャガイモを茹でたもの+骨付きチキンをオーブンで焼いた物+グリーンピースのワンプレート
  • ミートソースパスタ
  • 冷凍ピザ
  • 温めて食べるだけのチキンカレーライス
  • 冷凍ラザニア

で、これらが数日おきに繰り返し提供されました。冷凍食品や既製品の使用頻度の多さに正直驚きました。

もともと薄味好きな私でも(日本にいたときに作った味噌汁を複数の友人から白湯といわれるほど)、味付けはかなり薄く、塩コショウを自分でかけて調整しました。

iamshishoe

“物足りない”と感じたのが正直な気持ちです。

クラスメイトのホームステイ中の食事事情

他の留学生も、ホストファミリーとの食事で

  • 野菜が出てこない
  • 冷凍食品が多い
  • ワンプレートで量が足りない
  • 味が薄くて食べた気にならない
  • 食事のレパートリーが少ない

などと、残念がっている人は少なくはありませんでした。中には、

  • ホストファミリーと自分が食べている食事の内容が違い、自分が食べているものより種類が豊富だったり内容が充実している食事を摂っている事が気になる

と話す学生もいました。ただし、他には

  • お米や麺類を使用したアジア人向けの料理を作ってくれる
  • 毎回デザートのケーキが用意されている
  • ハムやチーズ、野菜サラダなどが買ってあって、朝食に自分でサンドイッチを作って食べたり、お弁当に応用している
  • ジュースやアイスクリームが買ってあって好きに飲食できる

など、至れり尽くせりのホストファミリーと暮らしている人の話も聞きました。

iamshishoe

本当に人それぞれで運によるのかもしれないです…!

十人十色なホストファミリー

クラスメイトのホストファミリー事情

  • 犬や猫を飼っていて、毛が洗濯物に付いてしまい困っている
  • ホストマザーとその子供が昼夜問わずしょっちゅう大声で喧嘩をしていて寝付けない
  • 自分の為にDVDをたくさんレンタルしてきてくれて、シアタールームで自由に鑑賞できた
  • ホストファミリーと一緒に週末は出掛けている
  • ホストマザーと一緒に夕食を作っている
  • ホストファミリーの親戚の集まりにも連れて行ってもらった
  • ハウスルールが厳しく、拘束感を感じる

など、本当に人それぞれで色んな話を聞きました。

ホームステイって”こんなもんかぁ”

ホームステイを経験しての感想は、良くも悪くもなく”こんなもんかぁ”と思ったことです。

もちろん、ホームステイ先によってそれぞれだとは思いますが、私の場合はあなたは自立した大人だし、好きにやってというホストマザーの方針や、基本的に忙しい日々を送っていたホストファザーの様子からホストファミリーとの接点が少ないと正直感じました。

そのため、

  • ホストファミリーと英会話を楽しむ
  • ホストファミリーとの会話から日常英会話を学ぶ

というより、業務連絡のようなやりとりが中心になっていたと思います。

iamshishoe

ただし、振り返って考えると私自身、ホストファミリー=いつでも気にかけて相手をしてくれることを期待しすぎていたなぁと思います。

私にとっては、ホームステイが、私の英語力向上を大きく後押ししたとは考えにくいのが本音ですが、安全・生活面でのサポートを得る(学校での英語の勉強に打ち込む)という意味では、身の回りのお世話の心配をしなくて良かったので、肉体・精神的負担軽減になり助かったのも事実です。

これも全てはホームステイを経験したから分かった事ですが、ホストファミリーにもホストファミリーの生活スタイルがあり、留学生を最優先にして生活しているわけではないこと、留学生=特別ではないことを実感しました。

iamshishoe

ようするに、私が自立した一人の大人として見られていたからです。こうゆう考え方や接し方もヨーロッパならでは?!

そのため、これと言って凄く印象に残る嬉しい出来事があったわけでもなく、最悪な出来事があったわけでもなく、まぁ生活するってこんなところだよねと感じたわけです。

さまざまな意見があるホームステイですが、私はこのような体験をし、このような気持ちを抱き、このような結論にいたりました。

ぜひ参考にしてください!。

公園で立っている女性
アイルランドでワーホリがしたかった2つの理由英語圏でワーホリする国の選び方は?理由は?おすすめは?比較は?迷う?悩む?決め方は?学生ビザかワーホリビザ?時差は?コロナ?ビザの自動延長?治安は?物価は?疑問解消の実体験ブログ!...

海と砂浜
超突然な留学・ワーホリへのきっかけによって退職までした話ワーホリのきっかけは?理由は?英語のため?いつ決めた?悩んだ?決め手はなに?仕事は休職?退職?私の場合は、突然決めてしまいました!体験談と決意する時におススメな行動はこちらです!...

夕焼けと道路と建物
《徹底解説》語学学校に通って良かったこと3選ワーホリ中に学校は行く?行かない?メリット・デメリットは?日本人は?楽しい?大変?学費は?家は?友達は?クラスは?仕事は?おすすめは?期間は?銀行は?ダブリンでの実録ブログです!...

窓側に置かれたテレビと部屋の中心にある電気暖炉
《初めての人必見》ホームステイで使用したのは〇〇だけホームステイって何が必要?持って行ったほうが良い便利な物は?荷物が多くなりすぎてパッキングが大変!現地で日本と同じようなものは買えないの?私が実際に実施した荷物選びのコツはこれです!...

キッチンとリビングルーム
《超本音》ホストマザーは○○だったホストマザーって本当の母のよう?優しいの?親切なの?家族のように接してくれるの?私の場合は、あてになる人ではなく頼りにはできませんでした。そんな体験談と攻略方法はこちら。...

住宅街の風景
想像を超えた!ホームステイ宅のシャワー事情日本と違いすぎるシャワー事情に困惑しました。日本では想像もしていなかったことが起こったからです。事前情報収集として、知っておくべきはこれです!...

では、また次の記事でお会いしましょう!
Thanks a million ☆彡

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村