長期留学 in アイルランド

《徹底解説》学校生活の一日の流れと授業内容

英文のレベルアップ表

こんにちは!Shishoe です!

ワーホリ中に語学学校に通うと言っても、時間割や授業内容など、全てにおいて実際に何をするのかイメージが湧きませんよね。

私はワーホリ前、看護師としての仕事に追われる中で学生生活からは5年も離れていたので、

学校に通う自分の姿

全く想像できませんでした

授業では何を学ぶんだろう?

授業は何時から何時までなんだろう?

日本で受けた授業とは全然違うのかな?

学校には毎日通うのかな?

参加するクラスごとの違いってあるの?

等と、漠然とした不安がありました。

そこで今日は、私が実際に現地で経験した

学校生活の1日の流れ

をご紹介したいと思います。

語学学校の基本的なスケジュール

学校生活の1日の流れ

登校

 ↓

9時~11時:一般クラスの1コマ目の授業への参加

 ↓

11時~11時20分:休憩時間

 ↓

11時20分~13時20分:一般クラスの2コマ目の授業への参加

 ↓

13時20分~14時20分:お昼休憩

 ↓

14時20分~16時20分:スピーキングスキルアップの専門的なクラスに参加

 ↓

下校

私が通った学校では、午前の一般クラスは週5日の平日に開校されていましたが、午後のクラスは火・水・木曜日だけで、開校に限りがありました。

そのため、午後のクラスがない日は、午前の授業終了後に下校をしていました。

授業の流れとその内容

一般クラスって何?

1コマ2時間×2コマで、合計4時間の間のクラスで、在籍していた生徒が全員参加するのが一般クラスです。

授業内容と担当の先生はそれぞれのコマで異なりました

1コマ目で学ぶこととその流れ

1コマ目では、主に文法を学びました。

私が率直に感じたのは、日本で自分が学生時代に受けていた授業の雰囲気に似ていたということです。

文法上のルールや英文の構造を正しく理解する

ということを大切にしている印象でした。

授業の流れとしては、

教科書に沿って先生が要点を解説

 ↓

教科書に載っている問題を解き、答えを発表しながら答え合わせを全員で行う

 ↓

先生がポイントをまとめる

 ↓

宿題が出されて授業終了

というのが主な流れでした。

授業中は、先生が振り分けた2~3人のペアで一緒に問題を解いたりと、ただ黙々と言われたことだけをやるのではなく、英語を使ってペアの子と意見交換をする場面も設けられていました

また私が通っていたクラスでは、担当の先生の意向で、毎週月曜日に前の週に終えた単元のテストを授業中に受けて、どの程度理解しているのかを把握できるようにプランが組まれていました。

2コマ目で学ぶこととその流れ

2コマ目では、流暢に英語が話せるようになることを目指し、語彙力や表現力を伸ばすことに重点を置いた授業が展開されました。

“授業の流れはこれ”といったものが決められておらず、1コマ目のクラスの雰囲気とは打って変わり、和気あいあいと、お喋りに近い感覚でした。

教科書を使う頻度は50~60%ほどで、先生が配るプリントやプログラマーを使用しました。

ペアやグループを作ってゲームをしたり、作文を書いたりと、

なんでもいいから伝えること

を大切にしている印象でした。

授業の進行速度は?

1週間ごとに1つの単元を終えます

教科書の範囲で言えば、1回の授業で見開き1ページ分進む程度のスピードです。

例えば、現在完了形、現在完了進行形、過去完了形、仮定法等がそれぞれ1つずつの単元になっていました。

教科書の購入

学校からは、2週間以上通学する予定の人は、教科書を購入するように言われ、12単元分の通常版か6単元分の半分のものか、どちらか自分に合う方を購入することが出来ました。

教科書の費用は12単元分で60€、6単元分で40€でした。

海外からのクラスメイトには、SNSを使い、教科書を安く売ってくれる人を探して購入した人や、コピーをとって持参している人も何人かいましたが、

コピーの使用は原則禁止

とされていたため、先生が注意していた場面を見たことがあります。

専門的なクラスって何?

試験対策や話す能力を養うことに特化したクラスのことで、お昼休憩を挟んだあとの午後に開校されます。

希望者のみが参加するため、在籍する生徒の30~40%程度しか参加していませんでした。

担当する先生もまちまちでした。

私が参加したスピーキングスキルアップのクラス

参加者が少ないことから、先生と生徒で机を囲んで世間話をしたり、ペアを組んで与えられたテーマや質問に対して話し合いを進めたり、終始リラックスした雰囲気で過ごしました。

授業というよりは、座談会のような雰囲気でした。

ただ、参加していた生徒の数が少ない上に、出席しない生徒も多かったため、盛り上がりには欠けていました。

試験対策のクラス

IELTS対策のクラスのみが通常の試験対策クラスとして開校されていました。

ただし夏休みや冬休みなどの期間限定で、午前開校のクラスにはなりますが、chambridge FCEまたはCAEの試験対策のクラスもありました。

以上が私が体験した現地での学校生活の一日の流れと、参加したクラスの主な内容です。

現地での学校生活を少しイメージできましたか?

ぜひ参考にしてみてくださいね。

道路と建物
学校周辺にあった暮らしのヒント学校の周りには生活が楽になるヒントで溢れています。私はそれらをこの方法と視点で活用しました。留学前の準備としてできることはコレです!...

それではまた次の記事でお会いしましょう!

Thanks a million ☆彡

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村