私のニキビ治療

《体験談》ワーホリ中の語学学校生活が想像と違い過ぎた話

雨の中のバスと人

こんにちは!Shishoeです!

語学学校に通った率直な感想は、多くの生徒は英語を学ぶというモチベーションが低いということです。英語ではなく母国語で話すことも当たり前でした。

私は、2019年5月下旬から2020年7月末までアイルランドの首都ダブリンでのワーホリ生活を送っていました。ワーホリ中に学校に通うことを、英語が話せるようになりたいという理由から決めました。それに、それは語学学校に通う人全員において当たり前の理由・目的で、だからこそどの生徒もわざわざ現地に行って語学学校通っているんだと思い込んでいました。

ですが学校に通いだして気づいたのは、他の生徒と自分との”英語を学ぶ”ことへの温度差でした。そして、最終的に自分の中で納得できたことは、

  • 渡航の目的は人それぞれで必ずしも英語力の向上がその人にとっての最優先事項ではない場合もある
  • 現地に滞在中にヨーロッパへの旅行を目的にしている人も多い
  • のんびり過ごすこと+体験留学として渡航している人もいる

ことです。

iamshishoe

それと同時に、英語力向上に相当重点を置いていた私は、私の考え方も堅かったのかな~なんて思ったりもしました。

今日は、私がワーホリ中に12週間通った語学学校で痛感した生徒の授業中の様子やモチベーションと、担任の先生が教えてくれたその理由、そしてそれらを通して自分の価値観が変わった事についてお話します。

何のために語学学校へ?と思った多くのこと

生徒のモチベーションの低さを感じたことは、

  • 授業中も母国語でやりとり
  • 遅刻が当たり前
  • 宿題はほぼ全員やってこない

ことからです。

iamshishoe

正直、何しに留学までしに来てるの?とイライラしました。

英語を話さない外国人生徒たち

休憩時間中は勿論、授業中でも母国語が飛び交うことは日常でした。

日本人生徒は日本語を話す事を避けて、英語で外国人生徒とやりとりをしようとしている人が多い印象でしたが、その一方で外国人生徒は、例えグループワークをしていても、当然のように母国語でやり取りをしていました。

iamshishoe

残念ながら、休憩時間やカフェテリア、スクールアクティビティでも同様の状況がありました。

先生方も最初は、母国語を使うのはやめて英語で話して!皆で理解しあえるように英語を使って!と、注意をしていましたが、あまりにも改善されない状況をみて、徐々に何も注意をしなくなりました。

外国人生徒と日本人生徒の決定的な違い

  • 失敗することを恐れない
  • 発言しなければ何も始まらない
  • 分からないことは悪い事じゃない、分からないままにしておくことがよくない事

が外国人生徒の基本的な考え方でした。

”受け身”な生徒はまず居ない

先生から当てられることや誰かからの質問を待つのではなく、

  • 自分が理解できなかったらその時にその場で質問をする
  • 答えが合っていようが間違っていようが関係なく積極的に発言する
  • 発言時にはその理由も合わせて説明する

等と、自ら積極的に参加し、受け身になって授業に出席する生徒はいませんでした

iamshishoe

これは個人的な感想ですが、ヨーロッパからの学生は、アジア圏からの学生に比べて発想力や想像力が豊かで柔軟性があると発言の内容から感じました。写真を見てストーリーを考えたり意見を述べたり…ルールにとらわれない質問に対しての回答率が凄い!!

主張度でいえば、アジア圏<その他の国々

アジア圏からの学生は控えめで、私が学生時代に受けてきた学校での授業を彷彿させるような、何か問われるまで発言はしない大人しい印象でした。

ただし、ブラジル人やメキシコ人、サウジアラビア人やトルコ人、イタリア人をはじめとしヨーロッパ人は、そんなことはありません。彼らは聞かれなくても積極的に発言することはもちろん、回答するまでのスピードも速いため、あれ?なんのこと?!今どこの話?!と、私は完全に置いていかれてしまうこともしばしばでした。

iamshishoe

クラスメイトからは、しょっちゅうなんで喋らないの?あなただけでなく、アジアからの生徒は静かだよねと言われてしまいました…。

授業を受けて気が付いたこと

その国ごとの文化に基づいた教育環境で育ってきているために、授業中の様子にも差が出るということです。

例えば、日本であれば、主張することではなく、協調することを大切にする風習がありますよね。そのため、質問しても良いタイミングと判断したときに初めて、それぞれが発言を始めるなど、周りの状況の確認を優先する傾向が強いと思います。

ですが、海外からの生徒は、ざっくり言えば真逆の文化。彼らにとっては、主張することがとても大事で優先されるべき事項です。

iamshishoe

でも、こればかりは、現地に行って実際に授業を色んな国の出身の生徒と共に受けたからこそ気が付いたこと

“当たり前”と考える事の違い

クラスメイトのほぼ全員は遅刻常習犯!!

国を問わず海外からの生徒は遅刻をすることが常で午前中の授業開始からの30分~40分程度はクラス内に生徒が2~3人しかいないということも当たり前でした。また、遅刻をしても気にする様子はなく、鼻歌を歌いながら教室に入ってきたり、コーヒーを飲みながら入ってくる生徒もいました。

先生も授業開始時刻には不在のことが多く、10分~15分程度遅れて来て、終了時刻の10分程度前には帰ってしまう事が殆だったため、遅刻に関して注意をすることはありませんでした。

“宿題はやらない”が当たり前なクラスメイト

私の担任の先生は、毎回授業後にA4用紙1枚分程度の宿題を出しました。内容は決して難しいものではなく、文法のルールの確認や簡単な英作文でした。時間にすれば、30分程度で終えられる程度の内容です。

ですが、クラスのほぼ全員は宿題をやってこないため、その答え合わせから始まる翌日の授業が成り立ちません

先生は何度か、なんで宿題をやらないんだ?それならば、この答え合わせの時間の無駄!印刷した紙の無駄!いい加減にしろ!と怒りました。ですが、怒られたにも関わらずほとんどの生徒は宿題をやってきませんでした。

iamshishoe

先生が机を叩きながらキレていたのに、生徒たちは全く動じず…。

担任の先生が教えてくれたこと

私は、通っている生徒のモチベーションの低さを感じる中で授業を受ける事を、しんどいと感じていました。そんな中、担任の先生の元へ個人的に話に行き、素直に自分の気持ちを打ち明けました。それは、自分の中で、語学学校に通ってるのに何故こんな状況が当たり前になってしまっているんだろうと折り合いがつけられなかったからです。

すると、先生は、殆どの人はバカンスで滞在していて、そのついでに学校に来ているから、英語を学ぶという事に対しての真剣さはあまりないんだと返答をしてくれました。

その時、自分が英語力を上げるのに必死で頑張っていることを前提にして、留学してるなら勉強を真剣に頑張るべき!と周囲にも押し付けようとしていたことで、焦ったり不快になったりしたのかな、と気が付きました。

iamshishoe

担任の先生の言葉は正直意外でした。”そんなことない、みんな一生懸命やっている”のような返答で誤魔化すことは一切しないで、先生の意見をちゃんと言ってくれたからこそ納得が出来たし、冷静に自分の傾向を知ることが出来ました

こうやって価値観は変わっていく

語学学校に通う理由・目的は人それぞれ自分の理由・目的が必ずしも他の生徒にも当てはまるとは限らないということを実感しました。

その人が何に重点を置いて現地で過ごしているかに、

  • 正解や不正解はない
  • それぞれの国の文化によっても現地での”楽しみ方”は大きく異なる

ことを学びました。今思えば、これも現地で様々な国の出身の人と関わったからこその葛藤や学びで、留学やワーホリの醍醐味なのかもしれないと、正直思います。

是非参考にしてみて下さい!

iamshishoe

授業の様子や進行速度などのリアルな学校事情に関してはこちらをチェック!

英文のレベルアップ表
《徹底解説》学校生活の一日の流れと授業内容実際に体験したからこそ伝えられるリアルな学校生活の1日です。現地での生活のイメージが湧かない方、ワーホリ中の学校生活について不安がある方は必見です。...

公園で立っている女性
アイルランドでワーホリがしたかった2つの理由英語圏でワーホリする国の選び方は?理由は?おすすめは?比較は?迷う?悩む?決め方は?学生ビザかワーホリビザ?時差は?コロナ?ビザの自動延長?治安は?物価は?疑問解消の実体験ブログ!...

パブ内の様子
《徹底解説》スクールアクティビティって何?スクールアクティビティと聞いてもピンときませんが、予約や当日の流れ、計画的に参加する方法を徹底解説しています!友達作りや安全に観光ができるチャンスでもあるアクティビティは活用しましょう!...

エンビロンの基礎化粧品
《ニキビの治し方》エンビロンの効果が最強だった話と経過①エンビロンの効果は?ACEオイル?乾燥?経過は?写真画像は?ニキビは治る?増える?悪化?ニキビ跡は消える?おすすめ?使い方は?ラインは?組み合わせは?レチノイド反応は?実録ブログ!...

それではまた次の記事でお会いしましょう!

Thanks a million☆彡

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村