フランス語学習

DELF B1初受検!感想と試験前にやっておいて良かったこと

皆さん、こんにちは!

フランス人との国際結婚によって、

現在はフランス在住のiamshishoeです。

つい先日、DELF B1の試験を受けてきました!

試験を終えて思ったのは、

やっぱ、日頃の勉強や試験対策は本番に大きく影響するわ

ってこと。

それでは早速、

  • 私がどのようにDELF B1に挑んだか
  • 試験当日の様子

などについてお話しますね!

ちなみに!

DELF B1対策の個別レッスンや活用した教材はこちらの記事で参照を。

≫≫DELF B1合格に向けて!個別レッスン内容とおすすめな教材

DELF B1初受検!試験前に心掛けたこと

私の場合、

  • 試験を受けると決めた時から、なるべく幅広い話題(天気・スポーツ・料理・趣味・環境問題・教育など)に触れるよう心掛けた
  • ほぼ毎日、2分位で読めるニュース記事を2つは読むようにした
  • ライティングで自己添削をする時には、違う言い回しや類義語を勉強するようにした
  • ほぼ毎日、2~3分位のビデオやラジオを見る/聞くようにした
  • 自分の関心が薄いテーマをあえて探し、読む/聞く/書くようにした

こんな感じで試験前の約2か月を過ごし、

試験の約1か月前からは、

  • DELFの試験問題(全ての技能)をほぼ毎日解く
  • スピーキングの第3パート対策として、準備時間の時間管理(10分)を徹底してひたすら練習する

こんな感じで、とにかく試験中にしどろもどろしないように準備!

毎日毎日ひたすら4技能を鍛えることで、

DELFの試験問題自体にも気づけば慣れ、本番を迎えました。

意外と周りがうるさい?!集中しきれなかった試験本番

試験が始まって少し経った頃、

…なんかうるさくね?

と、なんとなく周りの様子が気になるように。

というのも、挙手をして質問をする受検者が何人かいて、

試験官とのやりとりの話し声などがうるさく感じてしまったんですよね。

よくよく考えると、これまでDELFの勉強は自宅で1人でやっていたので、

外の騒音が気になることがあっても話し声に悩むことはなかったわけです。

そんな背景もあり、なんだか落ち着かない気持ちになってしまって、

正直集中力もイマイチ続かず…。

リーディングなんて、

…あぁっ!面倒くさくなってきた!!

と、モチベーションすら低下気味になってしまいました。

さすがにコレは予想外でしたが、

集団で受ける試験では起こりうる

こと。

普段、1人きりで静かな環境で勉強している方の場合、

本番ではこういった環境の変化で集中力が途切れる可能性がある

ことも、頭に入れておいた方が良いかもしれません。

《リスニング》記述式の回答、こんなに多いっけ…?

私が1番苦手とするリスニング。

まぁ、解答用紙を見てちょっとビックリ。

なぜならば、

想像以上に記述式の解答欄があったから!!

解答用紙を見ながら、

おーいおいおい…これは…まずくないか?

と思った矢先、

記述式は、とにかく書いて!何か書いて!!!ね!!!

と熱心に教えてくれた個別レッスンの先生の声が…。

あぁ、そうだ…書かなきゃ0点だったわ

と思い直し、必死に書いて終了。

1問だけどうしても答えられない記述問題がありましたが、

それ以外は「何が何でも書く」と心に決めて諦めずに取り組みました。

その他の選択式解答の問題は、練習通りにできて一安心。

繰り返し繰り返しリスニング対策をしていたので、

あぁ~今回はこのテーマね…

と、試験中にも若干余裕がありました。

《リーディング》問題と解答が1つの冊子で両面印刷、なんか書きにくい…

コレも、私としては想定外でしたが、

問題と解答が1つの冊子で両面印刷されていて、

なんかめちゃくちゃ読みにくいし解答しにくい!

ってのがありました。

具体的には、リーディング本文の裏面が回答欄になっていて、

  • まず読む→ページをめくって質問確認
  • 回答する→ページをめくって本文確認

みたいなことを繰り返すことになり、

…で、なんのことだっけ?

と、一瞬混乱したり、非常にやりづらく感じたんですよね。

というのも、自宅で使っていたDELFの問題集は、

基本的に見開きのページで読解&解答ができるものだったので、

いちいち何度もページをめくるってことが殆どなかったんですよ。

そんなこともあり、

うわぁ…このパターンか…慣れてないわ

と思って、なんか、すでに疲弊モードに。

自宅で解いていた時の半分くらいしか集中できずに終了。

まぁ…これも実力のうちですね。

《ライティング》テーマが苦手なやつ!でも、「慣れていないことに慣れていた」ことで何とかなった

うぉっっ…なんと…

と思ったのは、ライティングのテーマを見た時。

一言で言えば、

自分が慣れていないテーマ

だったんですよね。

え?これ、どうやったら良いんだっけ?

うーん…こんな感じだったけなぁ?

などと考え、とりあえず時間内に書きあげましたが、

まぁ正直ビックリはしました。

ただし、動揺したりパ二くることは皆無!

なぜなら、常日頃から、

自分が触れていないテーマに当たるようにしよう

と考えて試験勉強をしていたから。

すなわち、私にとっては、

慣れていないテーマに当たることは慣れていたこと

だったんです。

本音を言えば、自分が得意だと感じていた、

  • 友達にメッセージを送る
  • 上司にメールを送る

に当たりたかった気持ちはありますが、

試験ってそんなにうまくいくものでもないし、都合のよいものでもない。

これが試験だよね

と思いながら、ひとまず書き上げました。

《スピーキング》試験官の感じが良くて安心!練習の成果をいかんなく発揮

個人的に、

あぁ…試験対策を頑張って良かった!

と思えたのは、スピーキングテストを受けた時。

なんといっても、

  • 自己紹介が練習通りにできた
  • 試験官の感じが良く、なんとなく楽しみながら話せた
  • プレゼンでは、アイディアをしっかり出せ、それを順序だてて話せた
  • 試験官とのやり取りの中で、話題を自ら広げることができた

こんな感じで、「頑張ったぞ!」と心から思えたんですよね。

その上、第2パート終了時に、

試験官がグッジョブ👍🏻👍🏻のジェスチャーをしてくれて、

一気に自信がつきました。

やっぱり、

  • スラスラと自己紹介ができる
  • プレゼン準備中に、アイディアがポンポンでてくる
  • 試験中に緊張し過ぎず笑顔を意識しながら試験官の目を見て話せる

これができたのは、

日頃の取り組みの成果

だと思います。

シンプルに、

自分がきちんとやってきたことはちゃんと身に着くと実感!!!

さいごに:常日頃からの準備が重要!積み重ねを意識してやってみて

DELF B1の試験を受けて私が思ったのは、

常日頃からの準備がものを言う!

積み重ねを意識していやるしかない!

ということ。

正直、付け焼刃ではどうにもならない試験だと思うので、

これから受検を控えている方は、私のコレ⇓を参考に、

  • 試験を受けると決めた時から、なるべく幅広い話題(天気・スポーツ・料理・趣味・環境問題・教育など)に触れるよう心掛けた
  • ほぼ毎日、2分位で読めるニュース記事を2つは読むようにした
  • ライティングで自己添削をする時には、違う言い回しや類義語を勉強するようにした
  • ほぼ毎日、2~3分位のビデオやラジオを見る/聞くようにした
  • 自分の関心が薄いテーマをあえて探し、読む/聞く/書くようにした

少しでもフランス語に触れる努力をすることをおすすめします。

それ自体が、DELF B1の試験対策に大きく関与すると思うので、

今日からさっそくトライしてみて下さいね!

その他、試験中の環境面は、正直運もある気がします。

どの言語でも、受検者が多いと一般的に言われる中級

どうしても騒がしくなってしまうのは仕方がないのかもしれません。

ぜひ、参考にしてくださいね!

関連記事:国際結婚でフランス生活ってどんな感じか気になる

もう、タイトル通りっ!

フランスでどんな生活してるの?羨ましい…

とよく言われるんですよね…。

ざっくり言うと、

  • フランス語学習
  • 家事全般(節約目的で自炊しまくり)
  • ニキビケアに引き続き奮闘

こんな感じで、めちゃくちゃ映えない生活を送っています。

iamshishoe

なんなら、普通にストレスが溜まる生活で充実感を感じるのも難しい位です。

そんなフランス生活も、1年半が経過しました!

フランス生活1年目終了時点で、

  • 私がやったこと
  • やっておけば良かったと思うこと

は、こちらの記事でお話しています!

これから渡仏を控えている方や、

国際結婚後の生活が不安な方の参考情報になると思います!

≫≫【体験談】フランス生活1年目が終了!想像以上に何もできていなくてショック…

さらに、慣れないフランス生活でも、

私がメンタルを保てているのはこのおかげかも…

≫≫【国際結婚でフランス生活】ダメになりそうな時に思い出すこと

iamshishoe

フランス語の勉強はこんな感じ!

A1レベルで始まったフランス生活ですが、

日本で勉強した基礎の基礎が役立ってます!

面倒くさいことが嫌い”な私でも、

無理なく続けられた勉強内容はこちらに書きました。

≫≫フランス語は超初級!私のおすすめな入門レベルの勉強法

そして!

今となっては、フランス語も中級レベルにアップ!

コツコツと続けている自主学習のおかげもあって、

フランス語で理解できることも増えました。

≫≫初級⇒中級にアップ!私のおすすめなフランス語学習法

iamshishoe

最後に、相も変わらずニキビケアには奮闘中!

私がフランス生活で愛用しているのは、レカルカコスメ

そのおかげで、フランスでは皮膚科受診ゼロ!

気候・食べ物・硬水…全てが異なる環境下でも、

どんどんキレイな肌になれて嬉しいです。

≫≫約3年でこんなにも肌が変わった!ニキビ・肌荒れケアで私がやったことまとめ

そして!なんとなんと!

フランス人の義母もレカルカを愛用したら…

少しの間で肌が変わりました!!

≫≫【写真で比較】レカルカ×約2か月!フランス人義母の肌がキレイに!

ニキビ治療なら!愛知県稲沢市のマリポサビューティークリニック

愛知県稲沢市のマリポサビューティークリニックは、私が約2年間のニキビ・皮膚炎の治療・ケアで通院した美容皮膚科

≫≫ニキビやニキビ跡に悩む方へ! マリポサビューティークリニックがおすすめ!

ニキビやニキビ跡の治療・ケアの種類が豊富で、

取り扱いのスキンケア製品も選び放題とも言える美容皮膚科!

丁寧なカウンセリングアドバイスで身に着いた知識によって、

フランスで暮らす現在も質の高いスキンケアができています

ニキビやニキビ跡の悩みが深刻になる前に、一度相談をしてみて下さい!

マリポサ ホームページ

マリポサ インスタグラム

RELATED POST

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA