長期留学 in アイルランド

アイルランドから日本に本帰国した3つの理由

公園の中の道

こんにちは!iamshishoeです。

私は2019年5月から2020年7月までアイルランドの首都ダブリンで人生初のワーホリ生活をしていました。

iamshishoe

本来、ワーホリは1年間の期限付きですが、パンデミックの救済処置としてビザが自動更新になり、予定より長く滞在しました。

帰国後より、約1.5年が経過した今現在は、あの時帰国しなければ良かったなぁという後悔と、自分の人生において次なるステップへ調整する期間!と前向きにとらえる気持ちの2つが存在しています。

当時、コロナの蔓延によってアジア人に対する偏見や犯罪が世界各地で見られはじめ、知人からは、早く帰国してはどうなのか?と言われることも多々ありました。ですが私としては、安全にアイルランドで暮らせているとの自信があったため、それが帰国の理由にはなりませんでした。

日本に帰国してからは多くの人に、どうして帰ってきたの?何か理由があったの?とよく聞かれました。今回の記事では、アイルランドに更なる長期滞在が出来たにも関わらず、日本への帰国を決めた理由についてお話したいと思います。

日本への帰国を決めた理由

パンデミックの救済処置でビザの自動更新が約2か月ごとに継続して行われている状況があったため、結果的には、もっと長く滞在(例えば、さらに半年や1年など)することも可能でした。

理由①:自分の英語力でコロナ禍での海外生活に耐えられるのか不安だった

当時の私は、もともとの看護師の経歴を活かして、2019年12月以降、訪問担当のケアアシスタントとして現地で働いていました。2019年の6月から住んでいたシェアハウスにも継続して住んでおり、仕事・住居に関して現地で生活していくのに必要最低限の条件は揃っている状況でした。しかし、新型コロナウイルスの蔓延に伴い、ロックダウンをはじめとして様々な特別措置が取られ、それらを毎回英語で理解しなければならず、英語力が十分でなかった私には大きな不安要素でもありました。それに多くの欧米人やアジア人は”二度と家族に会えなくなる前に帰ることにした”と母国への帰国を選択しており、日本とゆう遥か遠くからたった一人で渡航してきた自分が滞在を続けることにも、”私も帰国したほうが良いのかな?!”と不安が募りました。

iamshishoe

これは予測ですが、当時の英語力はIELTSで5.5~6.0相当だったと思われます。

結果的に、ロックダウン中の生活や、英語力が十分ではないのに現地に滞在し続けていることも含めて”正しい事をしているのかどうか”という疑問が自分の中に日々こみ上げ、いつ終焉を迎えるか分からない状況にも苦痛を感じるようになりました。その上、状況次第で突然にビザの自動更新も止められると思うとハラハラした上、そういった情報も自分自身で英語で理解をしなきゃいけない事への疲労感もありました。

理由②:金銭的な不安があった

訪問ケアアシスタントとしての賃金は、€10.5/1時間で週払いでした。ただし、訪問先の数によって稼げる額が変わってしまい、給与額はその週によってかなり変動します。相手は生身の人間なので、急な入院や死亡、家族の意向などで突然訪問がキャンセルになることも少なくありませんでした。ちなみに給与に関しては、多い週で€500ほど稼げるときもあれば、少ない週で€150程度の時もありました。大体月額にすると、€800~€2000とかなり不安定です。自分の収入の予測が立てられない事にも少なからずストレスを感じていました。毎月まとまった収入が必ず見込める仕事を日本でしていた私には、その不安定さが”生活が成り立つのかな?貯金を切り崩さないといけない…”と現地での生活を続けるにおいて大きな心配の種になりました。

それもそのはずです。当時の私の生活費用は、

  • 家賃(水道・電気など込み):€600/月
  • 携帯料金(ネット接続無制限):€20/月
  • 仕事での交通費(公共バス):€110/月

最低でもこれらの額が必要でした。そこに食費です。自炊をしたとしても、€800/月程度の収入では賄えませんでした。

iamshishoe

日本に帰ったら、ひとまずはお金の心配をせずに暮らせるのに…!との思いも強くありました。

理由③:別の国で年齢的に最後のワーホリをしたいとの気持ち

アイルランドでのワーホリが終了した後は、ニュージーランドでワーホリをしたいという目標がもともとありました。当時の自分の年齢は、ワーホリ挑戦が最後になるであろう30歳目前、なんとしても達成したい焦りがありました。アイルランドでは、フレンドリーで面倒見の良いアイリッシュに沢山出会い、私は彼らのことが大好きでした。素直に頼れることにも喜びを感じていました。

しかし、”このままビザの自動更新や現地の人々に甘えてアイルランドにいたら、ニュージーランドでのワーホリへの挑戦を逃すかもしれない”と思えば思う程、日本に帰国をして次なる挑戦に向けて準備をしたい気持ちにかられました。日本に帰ればすぐに仕事を初めて、ある一定額の資金調達は見込めると思ったことや、一度自分の将来を考えて仕切り直すには良いタイミングかもしれないと思いました。

また、自立心が強く行動派な私は、”アイルランドでの生活にこのまま慣れてしまったら、助けてくれる人たちに甘えて堕落してしまうかもしれない自己成長がとまってしまうのではないか?”と怖くなる時も多々ありました。

iamshishoe

次のワーホリを考えるにあたって、年齢への焦りも少なからずあったと思います…。

さいごに

英語力への自信の無さや金銭的な自由・自分自身への挑戦を欲する気持ちが、アイルランドでの滞在を終わらせ日本へ帰国することに繋がりました。

今思えば、”現地でそのまま生活をしていても、いくらでもなるようになったのに”と思ってしまう時もありますが、当時の自分は日本への本帰国がベストな選択だと信じて帰国をしました。

日本に帰国して良かったと思えること帰国したこと自体に後悔の念を抱いたことの相反する気持ちが存在しているのも事実ですが、それらについては別の記事でお話ししているのでぜひご覧ください!

公園の中の大きな木
アイルランドから帰国したことを後悔した3つの理由アイルランドワーホリからの日本への本帰国を何度も後悔しました。英語学習?文化の違い?日本は生きにくい?仕事?人間関係?正直にブログにしてみました!...

Thanks a mill☆彡

iamshihsoe

アイルランドでの生活についても書いています!読んでみて下さいね~!

家と道路
《体験談》アイルランドのワーホリで仕事ができた理由アイルランドのワーホリでどうやって働く?経験者?ボランティア活動?大変?採用面接?日本から必要な書類は?看護師経験は活かせる?仕事はすぐに見つかる?私が現地でケアアシスタントで働いた経験を元に記事にしました!...

公園で立っている女性
アイルランドでワーホリがしたかった2つの理由英語圏でワーホリする国の選び方は?理由は?おすすめは?比較は?迷う?悩む?決め方は?学生ビザかワーホリビザ?時差は?コロナ?ビザの自動延長?治安は?物価は?疑問解消の実体験ブログ!...

キッチンとリビングルーム
《超本音》ホストマザーは○○だったホストマザーって本当の母のよう?優しいの?親切なの?家族のように接してくれるの?私の場合は、あてになる人ではなく頼りにはできませんでした。そんな体験談と攻略方法はこちら。...

住宅街の中のイチョウの木
《徹底解説》家探しからシェアハウス先決定までの流れハウスシェアの探し方は?ビューイングは?借り方は?ハウスオーナーは?家賃は?相場は?苦労する?難しい?大変?簡単?すぐ見つかる?メリット・デメリットは?ダブリンでの実録ブログです!...

ブログランキング参加中です!クリックで応援よろしくお願いします!

初めてのワーホリが成功する方法とコツ - にほんブログ村